Chatwork側でやることとUnipos側でやることがあります。

▼Chatworkでやること

まず、ChatworkでUniposと連携するルームを作成してください。

ChatworkでAPIをご利用でない場合は下記リンクより、APIキーを申請してください。

https://www.chatwork.com/service/packages/chatwork/subpackages/api/apply_beta.php

※新しいアカウントをChatwork内でお作り頂き、グループ制限をした上、そのユーザーでキーを発行すると安全です。

※Uniposがルームに投稿しているように見せたい場合、個人のアカウントではなく、別に作成したUnipos専用のアカウントから連携設定を行う必要があります。

※IPアドレス制限がかかっている場合はChatwork連携できません。


▼Unipos管理画面でやること

サイドメニューの「管理者設定」を選択
>右上メニューの「外部サービス連携」を選択

>「連携を設定する」を選択

>APIトークンと連携するルームのIDを入力し、「保存する」をクリック
これで連携は完了となります(連携を行う際には、設定者さまがルームに参加している必要があります)。

※ルームIDとは?
Chatworkのルームには一つ一つ、番号(ID)がついています。
ルームにアクセスすると、下記画像のようにアドレスが出ます。
ルームIDはアドレス中の「#!rid」以降なので、この場合は80881936となります。


※APIトークンとは?
Chatworkが発行しているChatworkAPIがあります。ChatworkAPIをお申込みし、承認を待ちます。承認がおりましたら、ChatworkにログインしてAPIトークンを発行していただきます。

▼ルームIDとAPIトークンについて更に知りたい方はこちら!
Q.Chatwork連携に必要なルームIDとAPIトークン(APIキー)とは何ですか?



▼連携を解除するには?

連携を解除したいときは、下記手順ですぐに解除いただけます。

>外部サービス連携の画面で、Chatworkの「連携を解除する」をクリック
>確認画面が出るので、「解除する」をクリック

これで連携の解除は完了となります。

▼Chatwork連携でできることに関してはこちら

Q.Chatwork連携でできることは何ですか?

回答が見つかりましたか?