オリジナルの名前で運用する際、「Unipos」の表記等をオリジナルの名前にできる部分・できない部分がござます。設定時に下記をご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------

【オリジナルの名前にできる部分】

・チーム名とチームアイコン
プロローグの内容
ローディングレター(チームレター)
Slack連携時のスラッシュコマンド

【オリジナルの名前にできない部分】

・メール/Slack通知 「Uniposからのお知らせ」
 ポイントや拍手をもらった時に受け取る通知に「Uniposからのお知らせ」という表記があり、こちらの変更はできません。

・Amazonギフト券代行利用時のギフト券の送り主名
 「Unipos」からAmazonギフト券が届きます。

・画面左メニューの「Uniposの使い方」の表記(画像参照)

-------------------------------------------------------------------------

設定方法

【チーム名とチームアイコン】

i) 管理者設定>チーム>チームプロフィール の編集ボタンをクリックする。

----------------

ii) 任意の画像とチーム名を設定し、保存ボタンをクリックする。

--------------------

【プロローグの内容】

管理者設定>チーム>プロローグ設定 から、全ての項目を編集していただけます。

<編集できる項目>
①大見出し(「プロローグ」の表記) 
②小見出し(「Uniposとは?」など)
③小見出しの下の本文(「チームメンバー同士で…」など)


--------------------

【ローディングレター(チームレター)】

管理者設定>チーム>チーム設定>ローディングレター より、読み込み時に表示されるメッセージを編集していただけます。Uniposレターとチームレターが両方設定されている場合(ONの場合)、いずれかがランダムで表示されます。

<編集できる項目>
①Uniposレター
 「ON」にすると、UniposのロゴとTipsが表示されます。オリジナルの名前で運用される際は「OFF」にすることを推奨します。

②チームレター
 表示させる文章を自由に編集できます。チームレターはチームアイコンと共に表示されます。


--------------------

【Slack連携時のスラッシュコマンド】

設定方法はこちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?